日EU・EPA、豚肉の扱いに強い懸念—–自民党農林部会で議論

 自民党の農林・食料戦略調査会(西川公也会長)、農林部会(小泉進次郎部会長)合同会議が12日、党本部で開かれ、日EU・EPA交渉の状況について、外務省と農水省から報告を受け、議論した。2013年から交渉を行ってきた日EU・EPAは、ことし7月の日EU首脳会談で、16年のできる限り早期の大筋合意に向け最大限努力することで一致。年内の大筋合意を目ざし、首席交渉官をはじめさまざまなレベルで、間断なく鋭意交渉を続けているところ。12日にはEUの首席交渉官が来日し、合意に向けた交渉を開始したところで、ここで詰めることができれば、クリスマス前にも閣僚レベルの会合を開く予定。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み