HACCP検討会最終まとめ、基準B「飲食、販売業等」と明記

 HACCPの義務化を検討していた、厚労省の第9回「食品衛生管理の国際標準化に関する検討会」(座長=五十君靜信・東京農大教授)が14日、都内で開かれ、最終取りまとめ案を了承。すべての食品等事業者を対象とするHACCPの制度化のあり方を提示した。検討会は今回で終了し、同省は最終案を報告書のポイントを示す概要版とともに月末までに公表する。
 HACCPの制度化に向けては今後、厚労省が取りまとめを受け、制度化に必要な食品衛生法をはじめと畜場法など関係法令の改正案の作成作業に入り、これらの法案について、平成30年の通常国会提出を目ざして作業を進める。国会審議を経て改正案が成立したあと公布、さらに一定の経過措置期間が設けられ施行され、制度が開始される見込み。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする