マルハニチロ春季新商品、「九州産黒豚の肉焼売」など計79品

 マルハニチロは11日、東京・江東区の豊洲本社ビルで2017年春季新商品発表会見を開催した。17年春季は、16年秋季開発テーマである「おいしさのアップデートそしてアップグレードへ」をさらに深耕し、家庭用冷凍食品ユニット(あけぼのブランド・アクリブランド)20品、家庭用加工食品ユニット(グロッサリー食品、チルド食品)33品、業務用食品ユニット(業務用食品、メディケア食品)26品、計79品を発売し、売上高83億8千万円を目ざす。
 伊藤滋社長は、17年度は「成長への挑戦」の仕上げの年であると述べたあと、「春の新商品は、ベーシックな商品群への新技術の応用やヘルス技術への対応を進めてきた。新しい技術をものづくりに取り入れ、より魅力的でおいしく、質の高い商品を届けることができる。ことしの春には、新石巻工場の立ち上げに伴い、最新設備と技術により、さらにより良い価値ある商品をお届けできると感じている」と語った。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする