山本農相、日EU・EPA「センシティビティに十分配慮」

 山本農相は24日の閣議後会見で、日EU・EPA交渉について「首席交渉官以下さまざまなレベルで、電話会談も行いつつ交渉を行っている。その一環で、17日から20日まで首席交渉官会合がブリュッセルで行われた。農林水産分野も含めて、日EU間の懸隔を狭めるべく最大限の努力を行ったけれども、その懸隔は埋まらず、引き続き交渉が継続されるというようにきいている」とまだ妥結に至っていないことを説明し、農水省の対応について「引き続き、農林水産品について、貿易、生産・流通実態などを一つひとつ勘案して、そのセンシティビティに十分配慮しながら、しっかりと交渉に取り組んでまいりたい」と語った。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする