食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

山本農相、日EU・EPA「センシティビティに十分配慮」

 山本農相は24日の閣議後会見で、日EU・EPA交渉について「首席交渉官以下さまざまなレベルで、電話会談も行いつつ交渉を行っている。その一環で、17日から20日まで首席交渉官会合がブリュッセルで行われた。農林水産分野も含めて、日EU間の懸隔を狭めるべく最大限の努力を行ったけれども、その懸隔は埋まらず、引き続き交渉が継続されるというようにきいている」とまだ妥結に至っていないことを説明し、農水省の対応について「引き続き、農林水産品について、貿易、生産・流通実態などを一つひとつ勘案して、そのセンシティビティに十分配慮しながら、しっかりと交渉に取り組んでまいりたい」と語った。

◆行政・統計

10月牛肉輸出は369tで前年比16.8%増、単価6,993円

10月牛肉輸出は369tで前年比16.8%増、単価6,993円

 財務省貿易統計による10月国産牛肉輸出量は36万9,276kg(前年同月比16.8%増)と、前年同月から大きく増加した。前月比では約20tの減少。輸出先国は合計29カ国.地域で、国別にみるとカンボジアが最も多く、合計11万1942kg。次...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

全肉連がHACCP指導者育成セミナー、全農MF・菊池氏が講演

全肉連がHACCP指導者育成セミナー、全農MF・菊池氏が講演

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は、平成31年度食肉流通HACCPシステム普及推進事業による「HACCP指導者育成セミナー」を4日、東京・港区のTKP品川カンファレンスセンターで開催した。当日は、全国の各道府県肉連の担当者が参集...
More

◆製品

More
Return Top