食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

宮崎県木城町の鳥フル、移動・搬出制限146農場、581万羽

 宮崎県木城町の肉用鶏養鶏場で発生した高病原性鳥インフルエンザへの対応で、同県は24日、発生農場の飼養鶏の殺処分および通行遮断、移動制限区域の設定など必要な防疫措置を開始した。このうち、当該農場の鶏の殺処分(約16万3千羽)については25日に完了した。移動制限(発生農場から半径3km以内)、搬出制限(半径3〜10km以内)については、区域内の養鶏場数および飼養羽数は合計146農場、581万3,629羽。内訳は次のとおり(食肉速報に掲載)。なお、いずれも空舎を除く。

◆行政・統計

第8回畜産部会、家畜改良増殖目標の検討状況を報告

第8回畜産部会、家畜改良増殖目標の検討状況を報告

 第8回食料・農業・農村政策審議会畜産部会が18日、省内で開かれ、新たな家畜改良増殖目標(第11次)の検討状況が報告された。 家畜改良増殖目標の検討に際して肉用牛については現状の環境と課題が(1)和牛の脂肪交雑の改良は一定レベルまで到達する...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top