山本農相、日米FTA「TPPについて腰を据えて働きかけていく」

 山本農相は27日の閣議後会見で日米FTAについて、「わが国としてはTPP協定の戦略的・経済的意義を踏まえると、TPPについて腰を据えて働きかけていく方針に変わりはない。その意味で、今後も粘り強く、総理を始め、米国の出方やまた説得に努めていきたい」と述べた。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする