自民農林合同会議、農業競争力強化支援法案の骨子を提示

 自民党の農林部会など合同会議が27日、党内で開かれ、農業競争力強化支援法案(仮称)の骨子が示された。同法案では「良質かつ低廉な農業資材の供給」による資材コストの引き下げと「農産物流通などの合理化」による流通コストの引き下げの実現を図り、農業所得の向上を目ざすことを目的としている。国が講ずべき施策は(1)農業生産関連事業の事業環境の整備(2)事業再編・事業参入の促進(3)農業者への情報提供(4)定期的な施策の検討の4点。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み