食肉・食鳥肉は輸入品もHACCP要件—厚労省が説明

 厚労省は、HACCPの義務化を検討していた「食品衛生管理の国際標準化に関する検討会」の最終取りまとめに関する説明会を1月30日、都内で開催した。予想を超える応募があり、急遽2部制で開催。1部(業界団体向け)には262人、2部(一般向け)に261人が参加した。説明会では、すべての食品等事業者を対象としたHACCP制度化のあり方などを提言した最終取りまとめの概要とともに、各業界団体が策定することになる手引書作成の考え方を説明。今後の取り組みの進め方などについて意見交換を行った。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み