食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

[官報告示12月]3四半期SG発動なし、豚肉等89.5%消化

 財務省は1月31日付官報で関税暫定措置法に基づく牛肉、豚肉などの輸入数量を告示した。いずれも第3四半期はトリガー数量未満だった。
 それぞれの12月輸入量は生鮮等牛肉が2万3076t、冷凍牛肉が2万1,979t、豚肉等が6万5,619t、生きている豚および豚肉等もほぼ同等の6万5,629tだった。豚肉等についてはトリガー消化率が89.5%となるほど、輸入物の好調だったようだ。

◆行政・統計

10月牛肉輸出は369tで前年比16.8%増、単価6,993円

10月牛肉輸出は369tで前年比16.8%増、単価6,993円

 財務省貿易統計による10月国産牛肉輸出量は36万9,276kg(前年同月比16.8%増)と、前年同月から大きく増加した。前月比では約20tの減少。輸出先国は合計29カ国.地域で、国別にみるとカンボジアが最も多く、合計11万1942kg。次...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

全肉連がHACCP指導者育成セミナー、全農MF・菊池氏が講演

全肉連がHACCP指導者育成セミナー、全農MF・菊池氏が講演

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は、平成31年度食肉流通HACCPシステム普及推進事業による「HACCP指導者育成セミナー」を4日、東京・港区のTKP品川カンファレンスセンターで開催した。当日は、全国の各道府県肉連の担当者が参集...
More

◆製品

More
Return Top