肉豚出荷増加に転じる、牛は4年連続減少—28年の食肉流通統計

 農水省まとめの平成28年12月の食肉流通統計が公表された。そこで本紙では28年次の牛・豚・馬肉の生産数量を試算した(13面表参照、食肉速報に掲載)。28年の豚のと畜頭数は前年比1.8%増と、これまでの2年連続の減少から増加に転じた。牛は5.0%減と4年連続で減少し、減少率も前年の4.3%減から大きくなり、繁殖基盤の脆弱化による生産量減少が一層深刻化している。これに伴い豚肉の相場は前年より安値となったが、牛肉は年間を通じて高値で推移した。馬もと畜頭数の減少が続く。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み