ミヤチク都農工場がEU向け新施設、完成予定は2019年3月

 ミヤチク(宮崎県、新森雄吾代表)は2019年(平成31年)3月末の完成を目ざし、同県都農町の食肉処理施設(都農工場)を同一敷地内に建て替える。前身の県畜産公社時代から数え築45年以上が経過し施設の老朽化が目立つため。すでに取得する米国向け輸出認可に加え、新たにEU市場への輸出を視野に施設整備を図る考えで、完成後の21年度の計画では同工場単体で15年度実績の3割増となる約100tの輸出を目ざす。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする