規制改革推進会議農業WG、農業競争力強化支援法案で議論

 政府の規制改革推進会議第10回農業ワーキング・グループが14日、都内で開かれ、先般、閣議決定された農業競争力強化支援法案について議論された。
 出席した委員からは施行期日が公布から3カ月とされているが、できるだけ早く施行すべきとの意見や、施策の見直しのための初回調査は施行から1年とあるが速やかにやるべきなどの意見が出された。
 これに対し、農水省からは支援措置を前提として作成する準備が必要のため、若干の猶予が必要だが速やかにやりたい。想定している調査は、施策の全体の見直しの基礎になる大掛かりなものになるが、これについてもしっかりしたいなどとの回答があった。これを受け委員からは具体的な答えがほしいところだが、良いことは間髪入れずに対応すべきと補足された。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする