山本農相、日米経済対話、「ベストポイントを求めて議論」

 山本農相は14日の閣議後会見で麻生副総理とペンス米国副大統領のもとで経済対話を立ち上げるということが決定したことについて「この経済対話で今後議論されることが決まっているのが、まずは経済政策、マクロ的な話。次にインフラ投資、エネルギー分野での協力、さらに3番目に貿易や投資ルール、大きく3つに分かれている。今後、対話が進むたびに今後の動向を注意していくという立場である。また、米国側の主張や私どものセンシティビティについて今のところ予断をもってコメントをしたり、あるいは議論をするような材料は持ち合わせていない」との認識を示した。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み