MLAが大阪、福岡に続き東京でプロジェクションセミナー開催

 MLA豪州食肉家畜生産者事業団は14日、大阪、福岡に続き東京・品川区の品川プリンスホテルで「オージー・ビーフ&ラム 2017MLAプロジェクションセミナー」を開催した。セミナーではアンドリュー・コックス駐日代表が2017年のオーストラリア産牛肉、ラム、マトンの産業予測について講演。日本が再びオージー・ビーフ最大の輸出市場となったこと、さらに2017年はオーストラリア産牛肉の生産量は回復する見込みであること、輸出量が過去5番目の高さになる見込みであることなどを説明した。
 続いてスペシャル講演では(株)味香り戦略研究所研究開発部の矢嶌希望氏、石原隆司氏がオーストラリア産パスチャーフェッド、ショートグレイン、オーストラリア産ではないコーンフェッドの3種類の輸入牛肉を味覚センサー、さらに一般・主婦モニターと食肉業者やシェフらの専門家モニターが試食した官能評価などについて「牛肉味分析・官能評価報告」として発表した(結果の詳細は2月28日付「食肉通信」に掲載)

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする