衆院の農水委で東京オリンピックを見据えGAP認証を質疑

 衆議院の農林水産委員会が15日に開かれ、2020年東京オリンピック・パラリンピック(以下、オリパラ)を見据えてGAP(農業生産工程管理)、国際認証について質疑が行われた。
 委員会で自民党の小泉進次郎議員は来月、オリパラの食の調達の基準が決まるが、GAPなどの国際認証が必要不可欠かと質問。これに対し田野瀬太道内閣府大臣政務官は「オリパラの大会において、直近の大会、ロンドン大会においても、持続可能性に配慮されたものを調達するということになっていた。食品安全、環境保全の観点から国際的に通用する水準の認証が食材調達基準でそれぞれ採用されている。農産物については、グローバルGAPなどが基準案に位置付けられるものと承知している」と答弁した。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み