平井カンパニーが精肉・総菜PCをテーマにセミナー開催

 (株)平井カンパニーは15日、生鮮PC(プロセスセンター)をテーマにした無料セミナー「センター長経験者と建築コンサルタントが語る、精肉・総菜PCのあるべき姿」を東京・新宿の新宿コズミックセンターで開催。セミナーには流通関係者ら50人以上が参加した。
 今回のセミナーでは、生産性向上とコストダウン、品質向上と均一化、人材難と人員確保といったさまざまな課題を解決するPCの「あるべき姿」について、センター長から総菜製造会社社長を歴任してきた髙塚進氏、建築設計事務所を経営して主に食品加工工場、物流センターなどの企画・設計管理に従事し、生協を中心に数多くの精肉PCの企画・設計を手がける佐々木俊治氏がそれぞれ講演。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする