16年牛肉輸入50万3千tで2%増、生産回復で米国チルド伸長

 財務省発表の貿易統計によると、2016年の牛肉の輸入通関実績は50万3,226t(前年比1.9%増)で前年実績を上回った。米国が生産の回復に伴い、チルドで大きく伸長し、高値の国産からのシフトもあり、需要の高まりがみられた。他国との買い付け競争が激化する中、大幅な伸びはむずかしいが、堅調な国内需要を受け増加している。
 昨年は為替が乱高下し、6月に英国のEU離脱問題などで円高となったが、11月には米国大統領選の結果を受け円安に反転。食肉輸入もその影響を少なからず受け、不安定な環境での輸入となった。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする