[豚肉調製品輸入通関・1月]シーズンドなど合計1万1,442t

 財務省が公表した1月分の貿易統計によると、豚肉調製品のうち基本税率(定率20%)が適用されるものの輸入通関量は、カタを原料としたシーズンドポークを含む1602-42-090は、合計1万1,442t(前年同月比15.3%増)と引き続き1万tを上回り、前年同月比では二ケタの増加となった。国別にみると、米国は7,825t(18.5%増)、カナダは1,203t(17.5%減)、メキシコは377t(125.7%増)、チリは198t(40.9%減)、中国は50t(24.2%減)。表記(食肉速報に掲載)以外の国はオランダが1,103t、ドイツが626t、スペイン48tなどで合計1,788t(38.3%増)

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする