山本農相、東日本大震災から6年「風評対策は喫緊の課題」

 山本農相は7日の閣議後会見で、東日本大震災から6年になることを受け「被災地が復旧復興に努力され、確かな歩みをされていることに敬意を表したい。農地が8割復旧となるなど、こうした復旧には一定のメドがついた一方、福島原発事故、この影響はまだまだあるといわざるをえない。営農再開の支援策、風評対策は喫緊の課題」と述べ、今後について「28年度から復興創世期間の新たなステージで取り組んでおり、私も復興大臣であるとの認識で、地方創世モデルとなるような復興創世に取り組んでまいりたい」と述べた。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする