食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

「しずおか和牛」誕生、県初の統一ブランドで競争力強化

 静岡県初の統一ブランドとして新たに「しずおか和牛」が誕生し、6日、浜松食肉地方卸売市場で、お披露目を兼ねた「しずおか和牛枝肉共励会」が開催された。ブランドの推進団体は、静岡県産牛肉普及推進協議会(渡邉龍太郎会長〈JA静岡経済連代表理事理事長〉、事務局・静岡県畜産振興課)で、静岡県や経済連をはじめ、同県の食肉事業連合会、畜産協会、県内の9農協、5卸売業者で構成。県産牛肉の品質の高さを生かし、国内外における競争力と市場拡大を図るため、県産牛肉の統一ブランド創設に向けて、平成26年から検討を重ねてきたもの。「しずおか和牛」は、最長飼養地が静岡県である26カ月齢以上の黒毛和種の枝肉で、3等級以上に格付された和牛肉。中でも5等級に格付されたものは「しずおか和牛 頂上」と称し流通させる。新たにロゴマークを作成し、現在商標登録を申請中。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top