「しずおか和牛」誕生、県初の統一ブランドで競争力強化

 静岡県初の統一ブランドとして新たに「しずおか和牛」が誕生し、6日、浜松食肉地方卸売市場で、お披露目を兼ねた「しずおか和牛枝肉共励会」が開催された。ブランドの推進団体は、静岡県産牛肉普及推進協議会(渡邉龍太郎会長〈JA静岡経済連代表理事理事長〉、事務局・静岡県畜産振興課)で、静岡県や経済連をはじめ、同県の食肉事業連合会、畜産協会、県内の9農協、5卸売業者で構成。県産牛肉の品質の高さを生かし、国内外における競争力と市場拡大を図るため、県産牛肉の統一ブランド創設に向けて、平成26年から検討を重ねてきたもの。「しずおか和牛」は、最長飼養地が静岡県である26カ月齢以上の黒毛和種の枝肉で、3等級以上に格付された和牛肉。中でも5等級に格付されたものは「しずおか和牛 頂上」と称し流通させる。新たにロゴマークを作成し、現在商標登録を申請中。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み