食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

山本農相整合性主張、米がWTOに日本の市場開放求める意見提出

 山本農相は14日の閣議後会見で、米国トランプ政権が日本の自動車と農業分野の市場開放を求める意見書をWTOに提出したことについて「定期的にWTO加盟国の貿易政策の審査が行われており、わが国でも審査会合が行われた。WTO事務局が作成した対日貿易審査報告書によると、前回の審査同様、わが国の農業に関して、一部の関税や特定の市場価格支持などについての記述がされている。この報告書に関し、米国を含む、多数の国から発言があった。これに対してわが国からは、わが国の農産物貿易政策、国内支持政策についてWTOの協定と整合的になっている。今後とも、農業競争力強化のために、生産資材価格の引き下げなどさらなる改革を進めていくという考えを回答している」と語った。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

スペイン大使館が「美食の国が育んだ、スペインポーク」CP展開

スペイン大使館が「美食の国が育んだ、スペインポーク」CP展開

 スペイン大使館経済商務部では、スペイン産豚肉をより深く理解してもらうための日本向けキャンペーン「美食の国が育んだ、スペインポーク」を今後数年間の予定で実施する。これはスペイン貿易投資庁(ICEX)が、養豚産業がスペインの基幹産業であること...
More

◆製品

伊藤ハムが「醇」もらってうれしいキャンペーンを実施

伊藤ハムが「醇」もらってうれしいキャンペーンを実施

 伊藤ハムは「醇」シリーズへの永年の愛顧に感謝して、「醇」もらってうれしいキャンペーンを実施する。キャンペーンのポイントは(1)賛否両論の笠原氏監修のギフトをプレゼント=応募券2枚を集めて応募すると、抽選で合計200人に東京都恵比寿の人気和...
More
Return Top