東京食品機械がドイツサラミの製造方法について講習会を開催

 東京食品機械(株)(秦哲志社長)は15日、「ドイツハム・ソーセージ講習会」を千葉・我孫子工場で開催。同社では毎年春と秋の2回、得意先などを招いて講習会を開催しており、15回目となる今回も定員を上回る参加者が全国から訪れた。
 セミナーではまず、ともにドイツ食肉マイスターである同社加工機械部の林聖二氏、SKWイーストアジア(株)取締役・ネイチャープロダクツ部食品工学エンジニアのJ・シュミット氏がドイツサラミとその製造方法について説明。ドイツサラミの製造工程や発酵工程、原料肉やレシピなどの講義が行われた。4種類のサラミが試食として参加者に提供された昼食を挟み、午後は工場内のテスト室に場所を移して実演。ザイデルマン製グラインダー、カッター、フェマーク製充てん機、エスペック製サラミ熟成庫などを使用して「サラミソーセージ」「ランディエーガー」「セルベラート」「シンメルサラミ」を製造した。今回製造デモを行った4種類のサラミソーセージについては、4月12日に開幕する「2017食肉産業展」の東京食品機械ブース内で試食提供される予定。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする