食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

山本農相、ブラジル食肉不正「国内鶏肉需給に大きな影響ない」

 山本農相は24日の閣議後会見で、ブラジル食肉不正問題について「ブラジル政府が主要国の大使に説明した内容によると、21の食肉処理加工施設を捜査対象とした。そのうち、3施設を操業停止、18施設を出荷停止にしたと承知している。こうした実態を踏まえ、食品衛生の観点から、厚労省は在京ブラジル大使館から詳細な情報提供があるまで、ブラジル政府の特別監視下にある21施設からのブラジル産食肉および食肉加工調製品の輸入手続きを保留している」とした上で、農水省の対応としては「家畜疾病の侵入防止の観点から厚労省の対応に合わせて、動物検疫所における食肉および食肉加工調製品の輸入手続きを保留している。引き続き水際の措置について厚労省と連携しながら、対応してまいりたい」と述べた。
 日本国内の流通については「特別監視下の1施設からのわが国の輸入量は8,900tで、ブラジルからの全輸入量の2%である。輸入鶏肉の国内在庫は輸入の2カ月分に相当する10万t以上と比較的潤沢にある。したがって当面の国内鶏肉需給に大きな影響が出るとは考えていない」との認識を示した。

◆行政・統計

第5回畜産部会、家畜改良、畜産環境の情勢について説明

第5回畜産部会、家畜改良、畜産環境の情勢について説明

 農水省は10日、都内で第5回食料・農業・農村政策審議会畜産部会を開き、「酪農および肉用牛生産の近代化を図るための基本方針(酪肉近)」と家畜改良増殖目標を定めるにあたり、農相から諮問を受け、家畜改良、畜産環境の情勢について説明した。今後のス...
More

◆トレンド

神戸大学で黒毛和牛の魅力創出セミナーを開催

神戸大学で黒毛和牛の魅力創出セミナーを開催

 神戸大学農学研究科と黒毛和牛の魅力創出技術研究会は11日、神戸大学瀧川記念学術交流会館で畜産業界の関係者や一般消費者らを対象に「黒毛和牛の魅力創出セミナー」を開催し、約80人が参加した。 本セミナーは日本中央競馬会(JRA)特別振興資金助...
More

◆国内外の団体

スペイン大使館が「美食の国が育んだ、スペインポーク」CP展開

スペイン大使館が「美食の国が育んだ、スペインポーク」CP展開

 スペイン大使館経済商務部では、スペイン産豚肉をより深く理解してもらうための日本向けキャンペーン「美食の国が育んだ、スペインポーク」を今後数年間の予定で実施する。これはスペイン貿易投資庁(ICEX)が、養豚産業がスペインの基幹産業であること...
More

◆製品

伊藤ハムが「醇」もらってうれしいキャンペーンを実施

伊藤ハムが「醇」もらってうれしいキャンペーンを実施

 伊藤ハムは「醇」シリーズへの永年の愛顧に感謝して、「醇」もらってうれしいキャンペーンを実施する。キャンペーンのポイントは(1)賛否両論の笠原氏監修のギフトをプレゼント=応募券2枚を集めて応募すると、抽選で合計200人に東京都恵比寿の人気和...
More
Return Top