ローソンが大阪市営地下鉄構内売店の運営事業者に

 ローソンはこのほど、大阪市営地下鉄駅構内売店の運営事業者となり、28日には駅構内に「ローソン谷町九丁目店」など4店舗を同時オープンした。8月上旬にかけて計44店舗を出店するとしている。
 現在、市営地下鉄構内にはファミリーマート、ポプラが入店しているが、両者の契約満了に伴い今回、切り替わるもの。キヨスクタイプの小型店は収益性が低いものの、1日240万人の利用者がいることから視認性が高く、高い広告宣伝効果が見込める。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする