2月牛肉輸出146t弱、43%増で単価4%高、豚輸出は21%増

 財務省貿易統計による2月国産牛肉輸出量は14万5,760kg(前年同月比42.7%増)で前月比51%の増(4万9,053kg増)となった。輸出先国は表記(食肉速報に掲載)を含めて23カ国と前月並み。輸出量の多い国は香港、米国、タイ、カンボジア、シンガポールの順。

 表記以外のその他国は16カ国で多い順にオランダ4,700kg、アラブ首長国連邦4,567kg、英国2,925kg、ベトナム2,488kg、ベルギー1,363kg、ドイツ1,305kg、フランス535kg。ニュージーランド475kg、グアム445kg、フィリピン394kg、イタリア373kg、デンマーク324kg、カタール264kg、スイス233kg、北マリアナ諸島92kg、メキシコ24kg。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み