食肉産業展では恒例の「銘柄食肉好感度コンテスト」が開催中

 食肉産業展では、恒例となっている人気イベント「銘柄食肉好感度コンテスト」が開催されている。牛・豚・鶏の主要3畜種の多様な銘柄が一堂に会し、来場者はそれぞれの食肉をテイスティングできるというもので、ことしは「第2回銘柄牛肉好感度コンテスト」に7銘柄、「第15回銘柄ポーク好感度コンテスト」に10銘柄、「第13回地鶏・銘柄鶏好感度コンテスト」に11銘柄が出品されている。審査の結果、合計得点の高かった銘柄を入賞銘柄として表彰する。最終日14日の午前中に表彰式が行われ、その後、銘柄名を来場者に公表して試食が行われる。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み