飼料増産シンポに230人参加、国産濃厚飼料の最新動向学ぶ

 農水省などは13日、省内で「飼料増産シンポジウム〜国産濃厚飼料の可能性を探る〜」を開催した。230人が参加したシンポでは利用拡大の可能性がみえ始めた国産濃厚飼料の増産について全国の優良事例の発表などが行われた。
 冒頭、農水省の大野高志畜産部長が自身の畜産振興課長時代から現在までの飼料用米、エコフィードの動向を振り返り飛躍的に伸びているとした上で、今後の国産濃厚飼料の増産に期待を寄せた。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする