食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

自民骨太PT規格・認証、5月中旬まで中間報告案を提示

 自民党の農林水産業骨太方針実行PT「規格・認証等戦略検討チーム」が14日、党内で開かれ、同チームの中間報告案までのスケージュリングが示された。PTは今後4回予定されており、2・3回でGAP、HACCP、GIなどに取り組んでいる農家、企業からヒアリング行い、4回で規格・認証等の推進の考え方と具体的な方策を議論し、5月中旬の5回で中間報告案を取りまとめる予定。

◆行政・統計

第8回畜産部会、家畜改良増殖目標の検討状況を報告

第8回畜産部会、家畜改良増殖目標の検討状況を報告

 第8回食料・農業・農村政策審議会畜産部会が18日、省内で開かれ、新たな家畜改良増殖目標(第11次)の検討状況が報告された。 家畜改良増殖目標の検討に際して肉用牛については現状の環境と課題が(1)和牛の脂肪交雑の改良は一定レベルまで到達する...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top