日本食研フォーラム開催、調理段階別のアイテム展開などを提案

 日本食研ホールディングスは4月19〜20日、埼玉県のさいたまスーパーアリーナで「日本食研ミールソリューションフォーラム2017さいたま」を開催。
 同社は、食を取り巻く環境・人口構造などの変化を捉え、食品小売業の未来を考えたとき、ミールソリューション(食事における問題解決)の実現が必須であると考え、これを強く推進している。開催5回目となる今回のフォーラムは、昨年と同様にテーマを「定番の定番化」とし、約6千人・2千社の来場を見込んでいる。
 会場では、精肉・鮮魚・青果・総菜・ベーカリーなどの「業界ブース」や「セッションブース」などに分かれ、同社の商品や売り場のあり方を提案。また、メーカー事業部による「食品製造メーカーへの提案」やテクニカルサポート部による「プロセスセンターサポートの提案」、さらには同社の商品を使った料理実演なども行っている。

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする