前年の反動か、プレス類以外減少する—2月の食肉加工品生産量

 日本ハム・ソーセージ工業協同組合はこのほど、平成29年2月分の食肉加工品生産量を発表した。それによると、全体の生産量は3万9,295t(前年同月比2.7%減)と減少した。前年2月が4万373t(5.3%増)と大きく伸びており、その反動もあって減少したものとみられる。例年この時期は、大手加工メーカーをはじめ新製品が市場に投入され始めるが、その動きが本格化するのは3月から。本来、1〜2月はハム・ソーセージの不需要期でもあり、進入学などイベントが多く、行楽需要が始まる3月からの本格攻勢に期待したいところだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社からのお知らせ

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み