食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

米国の豚肉業界、輸出拡大に向けて日本との2国間協定を切望

 現地報道によると、全米豚肉生産者協議会(NPPC)は4月6日、記者会見を行い、「豚肉業界にとって日本との2国間協定が最大の優先事項である」と述べた。
 ニック・ジョルダーノ副会長は「日本との交渉を最初に行う必要がある。これを迅速に行なわなければ、日本での市場シェアが失われることになるだろう」と述べ、「トランプ大統領は日本との2国間交渉を行なう用意があるという明確なシグナルを発している」とした。NPPCによれば、2016年の米国産豚肉の対日輸出量は38万7千tで、金額にすると約16億米ドルに及ぶという。なお、NPPCは記者会見の前日、ワシントンDCにて複数の議員に面会し、日本との自由貿易協定やその他の通商協定の重要性について議論したとされている。

◆行政・統計

9月牛肉輸出は388tで前年比35.4%増、単価6,932円

9月牛肉輸出は388tで前年比35.4%増、単価6,932円

 財務省貿易統計による9月国産牛肉輸出量は38万7,706kg(前年同月比35.4%増)と、前年同月から大きく増加した。前月比では約30tの減少。輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみるとカンボジアが最も多く、合計12万4,230kg。次...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

CPIが日本事務所開設10周年セミナー開催、280人が参加

CPIが日本事務所開設10周年セミナー開催、280人が参加

 カナダポーク・インターナショナル(CPI)は5日、日本事務所の開設10周年を記念したセミナーとレセプションを東京・港区のカナダ大使館で開催。会場には約280人の関係者が訪れた。セミナーに先立ち、10月28日付でCPIプレジデント&CEOに...
More

◆製品

More
Return Top