神戸ミートフェア共励会、川西さん出品最優秀牛を帝神畜産購買

 2017神戸ミートフェア神戸市牛枝肉共励会が8日、神戸市中央卸売市場西部市場で開催された。但馬牛、神戸ビーフ35頭(雌6頭、去勢29頭)が出品され、このうち最優秀賞には川西潔さん出品の去勢牛が受賞。川西さんは2年連続の受賞となる。その後のせりで同牛はキロあたり4,765円の最高値で神戸の食肉卸の(株)帝神畜産に購買された。川西さんは伝統ある「兵庫県畜産共進会」での名誉賞受賞など、数々の受賞歴がある但馬牛肥育の名人として知られ、本紙のインタビューに対し、今回は生体審査のため神戸ビーフの規定にある枝肉重量制限外での出品が可能だったことから「大きな肉牛だったので、この共励会に定めて育てた。しっかりした牛をそろえたつもりだったので悪くないとは思ったが、最優秀賞という結果になって良かった」とコメント。「3年連続の受賞を目指して頑張りたい」と意気込んだ。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み