ソニー・パーデュー氏が第31代米国農務長官に就任—ALIC

 ソニー・パーデュー氏の農務長官人事案は、4月24日の夜、米国上院本会議において87対11で可決された後、同氏は翌25日に最高裁判所内にてクラレンス・トーマス最高裁判事を前に宣誓式を済ませ、第31代米国農務長官に正式に就任した。同氏は、宣誓式を済ませた同日、農務長官としての職務を開始する前に、米国農務省(USDA)内で多くの職員を前に訓示を行った。その中で、政策の透明性確保、データと事実に基づく意思決定、消費者目線の取り組み、農産物輸出の重要性などについて述べた。今般のパーデュー氏の農務長官就任に伴い、同国の主な畜産関連団体は声明を発表している(詳細は食肉速報に掲載)

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする