宮崎県と佐賀県の香港向け家禽肉・家禽由来製品の輸出を再開

 動物検疫所は10日、鳥フル発生で輸出停止となっていた宮崎県と佐賀県で生産・処理された香港向け家禽肉、家禽由来製品の輸出検疫証明書の交付を再開したと発表した。とくに宮崎県は平成28年2月時点の農水省畜産統計でブロイラーの飼養羽数が2万7,438羽で全国1位となっており、関係者から輸出再開が待たれていた。
 鳥フル発生によって香港向けに輸出される家禽肉、家禽由来製品への輸出検疫証明書の交付が停止している残りの県は宮城県、千葉県。宮城県、千葉県の輸出再開は、防疫措置後90日経過とされていることから、7月頃が見込まれる。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み