[牛・豚・鶏肉需給予測]6月生産量、牛前年並み、豚・鶏は減少

 農畜産業振興機構は24日、5、6月の牛・豚肉の需給予測を発表した。それによると牛肉の5月の生産量はと畜場稼働日数が前年を上回ると見込まれることから増加予測。6月は出荷頭数が前年同月を下回るものの、枝肉重量の増加により前年同月並みと予測している。品種別出荷頭数は5月が和牛(1.6%増)、乳用種(3.3%減)、交雑種(6.6%増)。交雑種は酪農家における乳用後継牛の黒毛和種交配率の上昇により、増加が見込まれる。6月も5月の傾向が続き、和牛(0.5%増)、乳用種(7.2%減)、交雑種(6.0%増)と予測している。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み