食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

USMEF春季会議でセング会長の勇退計画発表、12月から新会長

 米国食肉輸出連合会(USMEF)の春季会議が5月24〜26日にヴァージニア州アーリントンで開催され、畜産関係者、政府関係者、議会関係者、各国大使館職員ら合計約200人が出席した。会議では、牛肉・豚肉を中心とした需給状況や輸出状況に関する最新情報の提供から、将来問題となり得るCRISPR/Cas9(ゲノム配列の編集技術)までの多岐にわたる議論が行われた。また、各国に置かれているUSMEFの海外事務所のスタッフから近況報告やプロモーションの成果報告もあり、海外でのプロモーションなどの実態を牛肉生産者らの会員や政府関係者に理解してもらう重要な場ともなっていた。(USMEFの歳入の多くは、牛肉生産者のチェックオフ資金やUSDAの事業費から構成される)
 さらに、今回の会議において、永年USMEFを率い、日本にも非常になじみの深いフィリップ・セング会長の勇退に向けた引継計画が公表された。マーケティング担当上席副会長であるダン・ハルストラム氏が後任として、本年12月1日付で会長兼CEOに就く予定となっており、セング会長は、現職を退いたあとも来年7月まで、名誉CEOとして残る予定とされている。

◆行政・統計

10月牛肉輸出は369tで前年比16.8%増、単価6,993円

10月牛肉輸出は369tで前年比16.8%増、単価6,993円

 財務省貿易統計による10月国産牛肉輸出量は36万9,276kg(前年同月比16.8%増)と、前年同月から大きく増加した。前月比では約20tの減少。輸出先国は合計29カ国.地域で、国別にみるとカンボジアが最も多く、合計11万1942kg。次...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

全肉連がHACCP指導者育成セミナー、全農MF・菊池氏が講演

全肉連がHACCP指導者育成セミナー、全農MF・菊池氏が講演

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は、平成31年度食肉流通HACCPシステム普及推進事業による「HACCP指導者育成セミナー」を4日、東京・港区のTKP品川カンファレンスセンターで開催した。当日は、全国の各道府県肉連の担当者が参集...
More

◆製品

More
Return Top