日本食肉生産技術開発センター理事長に関川和孝氏が就任

 公益(財)日本食肉生産技術開発センターは、5日午後1時半から東京・赤坂のアジミックビル会議室で開催した評議員会で、理事長に関川和孝氏(学識経験者)を選任した。同評議会には評議員11人が出席し(定数13人)、全会一致で関川和孝氏を理事に選任した。このあと午後2時45分から開かれた理事会では、塩飽二郎理事長の退任に伴い、新たな理事長に関川和孝氏を選出した。また細見隆夫専務を再任した。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み