全肉連など3団体がHACCP普及事業開始、マニュアル作成へ

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)、首都圏食肉卸売業者協同組合(鶉橋誠一理事長)、全国食肉業務用卸協同組合連合会(宮田卓三会長)は、日本中央競馬会(JRA)の助成を受け「食肉流通HACCPシステム普及推進事業」を、今年度から3年間の計画で共同実施する。3団体のトップらで構成する「事業推進委員会」の初会合が7日、東京・赤坂の全肉連会議室で開かれ、新たに食肉卸・小売業のHACCPシステム普及に向けた取り組みがスタートした。今後、業者の規模や業態などの経営実態に即したHACCP導入マニュアルの作成を目ざし、調査・検討を進めるとともに、事業者への啓発や指導、支援などを実施していく。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み