全肉生連が全国大会・兵庫大会、衛生管理徹底と適正表示を決議

 全国食肉生活衛生同業組合連合会(肥後辰彦会長)は15日、第58回全国大会「兵庫大会」を神戸市中央区の神戸ポートピアホテルで開催。全国の組合員や業界・行政関係者ら270人が参集した。このうち第58回通常総会では、平成28年度事業報告、29年度事業計画などの議案を原案どおり承認。役員の選任に関しては肥後会長の続投が決まるなど、次のとおり新役付理事が決まった。
 会長 肥後辰彦(鹿児島)▽副会長 加藤一之(宮城)、上野好一(神奈川)、村松巖(静岡)、池田清昭(大阪・新任)、新長謙三(広島)、酒井孝一(長崎)▽常任理事 米内正己(岩手)、今野昇一(福島)、加賀田敏雄(栃木)、内田康男(茨城)、熊崎金良(岐阜・新任)、瀬古清史(三重)、大西賢一(兵庫)、森村義明(京都・新任)、西山善博(鳥取)、河田学(香川)、河原光雄(福岡)、岡﨑富明(宮崎)

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする