北海道チクレンミートが新ブランド「キタウシリ」を立ち上げ

 北海道チクレンミートは、新ブランド「キタウシリ」を立ち上げ、関東・北海道の量販店で販売される予定。「キタウシリ」は、道内20農場で肥育された北海道チクレングループが取扱うホルスタイン種の新ブランド銘柄の総称。「キタウシリ」の名称は、北海道の「キタ」、牛「ウシ」、そのウシとアイヌ語で大地を意味する「モシリ」を合体させた名称となっている。
 特長としては、子牛に道産の良質な牧草(自家産が基本)を給与して、丈夫な内臓づくりを徹底することで肥育中期、後期で食い止まりがなく、健康でビタミン豊富な牛肉本来のうま味のある赤身肉になる。また、つねに充分な量の新鮮な水が自由に飲める環境で飼育される。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする