全国肉用牛振興基金協会が総会、新会長に森山裕・前農水大臣 

 一般(社)全国肉用牛振興基金協会は20日、東京・千代田区の剛堂会館ビルで平成29年度定時総会を開き、28年度事業報告、29年度事業計画などを報告するとともに、28年度決算などの全議案を原案どおり承認。昨年12月に小里貞利会長が逝去して以降、会長は空席となっていたが、新会長に前農林水産大臣の森山裕衆議院議員(鹿児島県畜産協会理事)を選出した。
 森山新会長は就任のあいさつで「一昨年10月から農水大臣を拝命し、302日間大臣の仕事を行った。TPPが合意してから2日後の就任で、合意内容の説明やTPP政策大綱をつくり、その中で畜産クラスターなどの事業実施や予算獲得などに努めた」などと自己紹介を行いながら、「当協会の一番大事な仕事は、肉用子牛価格安定制度を健全に発展させていくこと。これを通じて、肉用牛経営の安定的な発展を図り、また肉用牛生産の振興に資していくことが大事だ。理事をはじめ、きょう集まっている方がたは現場のことをよく分かっておられる。いろいろな意見をきかせていただき、政府の政策につなげていく努力をしていきたい」と述べた。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み