自民日EU対策本部、国境措置など政府への申し入れ案を提示

 自民党の日EU等経済協定対策本部が23日、党内で開かれ、牛・豚肉の再生産が可能となるよう国境措置の確保を求めるなどの、政府への申し入れ案が提示された。出席した議員からはTPPとの比較を記述すべきとの意見も出されたが、記述することによってTPP水準にする前提となってしまうことから、TPP以上を求めるためにも記述しないとされた。案は幹部に一任され、26日にも岸田外相に要請する。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする