ジビエ利用量倍増目ざし、農水省が来年度モデル12地区整備へ(上)

 農水省農村振興局はこのほど、官邸で開かれた第21回農林水産業・地域の活力創造本部(本部長=安倍晋三首相)で、ジビエ(野生鳥獣の食肉)利用拡大に関する対応方針を示した。新たにビジネスとして持続できる、安全で良質なジビエの提供を実現するため、捕獲から搬送・処理加工がしっかりとつながった安定供給体制を整備。平成29年夏から着手し、ジビエ利用のモデルとなる地区を30年度に12地区程度整備、31年度から本格稼働し、ジビエ利用量を倍増させる方針を打ち出した。
 ジビエ利用拡大に関する対応方針は、同本部会合で、新たな政策課題の一つとして提示。農山村で猪や鹿など野生鳥獣の被害が深刻化しているが、捕獲鳥獣のジビエ利用を拡大することで、被害を軽減するだけでなく、地域の所得向上にも貢献することができるとし、対応方向を示したもの。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする