食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

ジビエ利用量倍増目ざし、農水省が来年度モデル12地区整備へ(上)

 農水省農村振興局はこのほど、官邸で開かれた第21回農林水産業・地域の活力創造本部(本部長=安倍晋三首相)で、ジビエ(野生鳥獣の食肉)利用拡大に関する対応方針を示した。新たにビジネスとして持続できる、安全で良質なジビエの提供を実現するため、捕獲から搬送・処理加工がしっかりとつながった安定供給体制を整備。平成29年夏から着手し、ジビエ利用のモデルとなる地区を30年度に12地区程度整備、31年度から本格稼働し、ジビエ利用量を倍増させる方針を打ち出した。
 ジビエ利用拡大に関する対応方針は、同本部会合で、新たな政策課題の一つとして提示。農山村で猪や鹿など野生鳥獣の被害が深刻化しているが、捕獲鳥獣のジビエ利用を拡大することで、被害を軽減するだけでなく、地域の所得向上にも貢献することができるとし、対応方向を示したもの。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

スペイン大使館が「美食の国が育んだ、スペインポーク」CP展開

スペイン大使館が「美食の国が育んだ、スペインポーク」CP展開

 スペイン大使館経済商務部では、スペイン産豚肉をより深く理解してもらうための日本向けキャンペーン「美食の国が育んだ、スペインポーク」を今後数年間の予定で実施する。これはスペイン貿易投資庁(ICEX)が、養豚産業がスペインの基幹産業であること...
More

◆製品

伊藤ハムが「醇」もらってうれしいキャンペーンを実施

伊藤ハムが「醇」もらってうれしいキャンペーンを実施

 伊藤ハムは「醇」シリーズへの永年の愛顧に感謝して、「醇」もらってうれしいキャンペーンを実施する。キャンペーンのポイントは(1)賛否両論の笠原氏監修のギフトをプレゼント=応募券2枚を集めて応募すると、抽選で合計200人に東京都恵比寿の人気和...
More
Return Top