食品製造業HACCP導入率、畜産食料品は55.6%に上昇

 農水省は、平成28年度「食品製造業におけるHACCPの導入状況実態調査」結果を公表した。従業員5人以上の食品製造業を対象に、28年10月1日現在のHACCP導入状況などを調査し、774社から回答を得たもの。
 それによると、HACCPの導入率(「すべての工場」「一部の工場」で導入)は28.6%(27年度調査時23.1%)で5.5ポイント上昇した。昨年、厚労省で行われた「食品衛生管理の国際標準化に関する検討会」で、HACCPの制度化について議論されたことなどの影響によるものと考えられる。販売金額規模別にみると、「導入済み」の企業は、年間の販売金額が100億円以上では8割以上である一方、1億円未満の企業は2割以下となっており、企業規模により差がみられる。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする