山本農相、「冷蔵牛肉のトリガー数量超える輸入は想定しがたい」

 山本農相は1日の閣議後会見で、冷凍牛肉でSGが発動したため冷蔵牛肉が急増し、冷蔵の方でSGが発動する可能性について「第2四半期の世界全体からの冷蔵牛肉の発動基準数量は、15万2,456t。今年度の第1四半期までの輸入数量との差は8万3,630t。この差は今年度第2半期に前年同期比で140%の輸入が行われなければ到達しない数量。冷蔵牛肉と冷凍牛肉の価格差、用途、あるいは調達先の状況を踏まえると、第2四半期にこの差を超える水準で冷蔵牛肉の輸入が行われることは想定しがたい」と述べ、輸入業者のと情報共有を密にするとともに、計画的な輸入を促していく考えを示した。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み