MAPAが農畜産物需給の長期予測を発表、家畜は大幅増見込む

 ブラジル農務省(MAPA)農業政策局(SPA)は7月21日、農畜産物需給の長期予測を発表した。同予測は品目別に向こう10年間を見通すもので、毎年7月頃に発表される。今回の予測では、大豆およびトウモロコシについては、作付面積の拡大および品種改良などにより生産量・輸出量ともにほぼ毎年増加が見込まれており、昨年発表された長期予測と比較すると、大豆の2025/26年度の生産量は1億2,920万tから1億4,650万tへ、トウモロコシは9,470万tから1億1,880万tへ上方修正されている。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み