ローストビーフ・ローストポーク工場の増改築に着工—スターゼン

 スターゼンは4日、連結子会社であるローマイヤ(株)栃木工場の増改築工事に着工したと発表した。近年、単身世帯の増加などに伴うライフスタイルの変化から総菜や加工食品へのニーズが高まっており、同社でもローストビーフ・ローストポークの需要開拓を進め、販売量が拡大している。現状の生産設備ではこれ以上の生産量拡大がむずかしいことから、工場の増設および改修工事を実施する。増改築工事により、生産能力は従前の1.5倍となる。工場増改築の投資額は約4億円。工期は平成29年7月〜10月。また、今後の見通しとして、増改築工事による生産能力の向上により、同社ローストビーフ・ローストポーク製品のさらなる売り上げ拡大を見込んでいる。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする