牛マルキン6月、交雑種と乳用種で発動—ALIC

 農畜産業振興機構は10日、牛マルキン事業(肉用牛肥育経営安定特別対策事業)の平成29年6月分補てん金単価を公表した。6月は肉専用種で補てんの発動はなかったが、交雑種と乳用種は発動し、補てん金単価は交雑が5万6,600円、乳用が3万9,400円となった。
 肉専用種は粗収益が生産コストを上回って推移しているため、補てんは発動しない。交雑種は粗収益が67万3,624円なのに対して生産コストが74万4,489円と上回って推移しているため、補てんを発動。乳用種は粗収益が44万2,710円なのに対して生産コストが49万1,999円と上回って推移しているため、補てん発動となった。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み