全肉連が全国会長会議を宮城で開催、HACCPなど事業進捗確認

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は、平成29年度全国会長会議を7日、宮城県仙台市の秋保温泉ホテルニュー水戸屋で開いた。
 今回の会長会議は、同日に始まった第11回全国和牛能力共進会に合わせて開催し、翌日には全共宮城大会の視察も実施。会議には全国道府県肉連の会長らが出席し、今年度の総務関係および事業の進ちょく状況などを確認したあと、「食肉流通の実態と卸・小売業の役割」をテーマにセミナーを行い、宮城学院女子大学の安部新一教授が講演した。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする