鳥フル防疫対策強化推進会議、渡り鳥シーズンに備え防疫体制確認

 農水省は21日、都内で都道府県の家畜衛生の担当者を参集し「平成29年度高病原性鳥インフルエンザ防疫対策強化推進会議」を開き、渡り鳥の本格的な飛来時期を迎えるにあたり、同病対策に関する防疫体制を確認した。
 鳥フルについては、昨年度、日本において9道県12例の発生が確認され、今年度においても、近隣諸国における発生状況などから日本へのウイルスの侵入リスクは高い状況となっている。上月良祐農林水産大臣政務官は「県境というのは防疫の問題に関して意味がないというぐらいの意識でいなければならない」と述べ、自身の役人時代を振り返り「いかに現実感をもって心の準備をしておくかが大変重要」と語った。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする